fc2ブログ

オリンピックイヤーのパリ

20240206.jpg

今年はご存知の通り、パリでオリンピックが開催されます。

もう だんだんパリの街に規制が始まってます。
通行止めになる場所とか 色分けされていたり
3月まではなんとか それでも通常に近いようですが、
何と言っても 4月からはメトロとかバスとか公営の交通機関が 倍になります。
オリンピックが終わるまで。
すごいですよね。倍ですよ。 今まで2€のチケットが4€になるって 
それでなくても円安でいま1€160円
320円だったのが 640円払わないとメトロに乗れないって ありえないでしょう。それも まあ 一枚チケット買う人はいないでしょうか 
カルネ(10枚)とか 1週間券 1日券 ナヴィゴなど
利用されるかと思いますが、 それも倍ですから お気をつけて!

その代わりといってはなんですが、パリのタクシーがFIX料金になってます。
CDGからパリ市内の右岸のホテルなら 56€  左岸までなら65€ 
それに荷物が5€プラスかな~~
でもFIXはありがたいですよね。どんなに渋滞しても ハラハラしないで乗っていられます(笑)

4月以降にパリにいかれる予定のある方! 
パリのホテルは 通常の3倍4倍 交通費2倍 
くれぐれのご覚悟の上、お出かけください。
JUST INFOでした。




ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい

フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 https://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ https://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


新年のご挨拶


BONNE ANNÉE 2024 !

20240105.jpg
Lapland, Finland



この度の地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。


2024年もどうぞよろしくお願いいたします。
ミルジョワ企画 スタッフ一同





ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい

フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 https://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ https://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


11月のフィンランド

今回は、フィンランド旅行から帰ったスタッフのリポートです。

20231203_7.jpg

11月に1年ぶりにフィンランドへ行ってまいりました。ヘルシンキ空港に降り立ったときの外の温度は0度。雪がちらついていました。ヘルシンキからさらに、北極圏のラップランドに向かったのですが、出発時、日本の気温はまだ20度以上あったので、夏のような季節から一気に極寒の地に…その気温差についていけるかどうか心配でした。

20231203_2.jpg

空港までは友達が車で迎えにきてくれました。驚いたのは、車のシートがとっても温かい!座面だけでなく、背中までじんわり温かい!「温めておいたよ!」と友達。
寒い国ならではのすばらしい装備とおもてなしに感激しました。

20231203_5.jpg

さて、天気はというと、ほんの一瞬明るくなった時間もありましたが、2週間の滞在中、ほぼ太陽を見ることはありませんでした。いつの間にかぼやっと明るくなり、いつの間にかぼやっと暗くなり、という感じで、いったい今が何時なのかわからなくなります。
たったの2週間でも、太陽のない生活は、けっこうきついものがありました。フィンランド人の友達でさえ、「これからますます暗くなるし、7ヵ月間、雪の中よ。飽きるわ…」と言っていました。日光を浴びないとビタミンDが欠乏し、カルシウム不足や骨粗しょう症の原因にもなるので、冬の時期は、毎日ビタミンDサプリの摂取が欠かせません。春に太陽が出てきたときの彼らの喜びようが、私にも十分に理解できました。

20231203_6.jpg

また、フィンランドの人たちは、この時期、運動不足になるのを防ぐために、雪が降ろうとも、気温がマイナス20度になろうとも、ウォーキングなど身体を動かしに外へ出かけます。1時間ほど、森の中や凍った湖の上を歩いたり、カントリースキーをしたりと、かなりアクティブです。友達のだんなさんなんて、仕事終わりにヘッドライトをつけて歩き(走り?)に行くくらいです!
日本の、ほとんど雪も降らず、気温もそれほど低くはならない地域に住む私にとって、雪の日は外出せずにこたつで過ごすものなんじゃないの?氷点下の雪道を1時間歩くって…生きて返れる!?と不安しかありませんでしたが、友達の教えのもと、手袋と帽子、マフラー、暖かいインナー(ウールのような)などに、風を通さない暖かいジャケット、スノーブーツと、完全装備で出かければ問題なく過ごせました。大事なのは、準備することですね。そして、慣れとはすごいもので、そのうちマイナス5度ぐらいでは驚かなくなり、今日は少し暖かいな、などと思うようになりました。
息の水滴で眼鏡がガチガチに凍りながらも、なんとか見ることができた一面の雪景色(トナカイ含め)は本当に美しく、静寂の森の中を歩くことは、一種のメディテーションのようにも感じられました。

20231203_8.jpg

夏のフィンランドももちろん素敵ですが、神秘的な雪景色やウィンターアクティビティを体験したい方には、冬のフィンランドもおすすめです!私は見られませんでしたが、運が良ければ、オーロラも見られるかもしれませんよ。そして、寒い屋外で過ごす場合は、フル装備でお出かけください!





ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい

フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 https://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ https://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


となりの芝生は青くない

となりではないけれど日本人にとってフランスは憧れの街であることは間違いないですね。
ミルジョワの代表はまったくそういう感情なく フランスとの関係がはじまったわけですが、フランスの現実を知った今でも きっと憧れ以上の感情をもっているのではないでしょうか・・・
問題点をきちんと把握しても それでも恋焦がれていますね~~~

フランスの現実はけっこうきついことが多いのですよね。
ちょっとまえにヤフーニュースにでてましたが。 というか 実はずーーーと昔からの話ですが、 しらみ 問題。
運が悪いと 旅先のホテルのベッドでやられます。
代表は運よく 一度もしらみの被害をうけたことはないようですが
知り合いは けっこう 洗礼うけていたそうです。
コロナの3年間でホテルもかなり冷え込んでましたから(かなりしらみ危険です)
急にラグビーのワールドカップとか来年のオリンピックでホテルが動きだしてはいますが、きっとこの被害にあっている人 あう人 いると思いますよ~~~ 
学校で子供たちがしらみをもらってくるというのは よく聞く話です。
いくら日本が経済が下がっているとはいえ しらみ 問題はそうそう聞こえてきませんからね。
やはり 衛生的な問題はフランスは大いにあります。それが現実 

とにかく汚い というのは代表がよく言ってます。
だから彼女はフランスにいくときは捨ててもいいような洋服をもっていく。
もちろんきちんとした会議やレセプション用の服は用意していきますが、それ以外はなにがあっても惜しくない洋服です。
TGVの座席もよくみたら座れない(笑)1等でもです。
ホテルのクッションも触れない ホテルのバスタブなんて どうしても入りたいとき以外は入らない。入るときははかなり入念に洗ってから。
ほとんど バスタブにお湯をはって入ることはないようです。
ホテルに入ってすることは まず消毒(持参のもので) フェイスタオルは自前のものしか使わない
などなど ちょっと代表は神経質なのではと思われるかもしれませんが ホテルの内情をよく知っている人間だからですね。
もちろん 5★やパレスホテルは別ですよ(笑) 一般の4★までのホテルの話です。

これから すこしずつ フランスへいかれる方が増えてくると思います。
ちょっと 頭の隅に置いていただいて 衛生面気をつけて過ごされることおすすめします。




ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい

フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 https://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ https://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


旅行サービス手配業

この度ミルジョワ企画の代表は旅行サービス手配業務取扱管理者の研修をおえて
修了証明書をいただくことができたそうです。

インバウンド事業がこれからますます日本では発展していくようなので
旅行業者から依頼があれば対応できるようにと研修を受けてきたとのことでした。
その研修に来ていた方の半分は 外国人(中国人 ベトナム人 欧米人)
それをみても どれだけ需要があるのかがわかりますね。

通訳案内士も何回か挑戦していた代表ですが、この国家試験はかなりのレベルで残念ながら取得できず。
しかし そのあと国は有資格者だけではとてもインバウンドに対応できないとなり(特に英語以外の外国語)、無資格者でも言葉ができればアシスタントとして有償で仕事をしていいとなりました。
(無資格者で有償でも違反にはならなくなったということです)
これからは そのような仕事もすこしずつ増えてくるかもしれせん。

また フランスでの仕事もイベント企画を積極的に取り組んでいく予定です。
旅行会社のつくるパッケージツアーとか 一般的な旅行はどんどん減ってきているのが現状ですから
なにか おもしろいイベント企画を考えたいと話していました。
確かに 飛行機もホテルも自分で簡単に取れる時代ですからね~~
飛行機も旅行会社に依頼しても自分で予約しても同料金(団体は別ですが) 
それなら手数料を払わずに自分で取れる人は取りたいですよね。ホテルもしかり・・・

ただ どのホテルがいいかどうか などの情報はほしい お客様の評価だけではちょっと心配です。
かといって 旅行会社に勤めている人が ホテルをどれだけ知っているのか・・・それも??
それなら 詳しい人に聞けたら と思います。
そんなところからもこの旅行サービス手配業務取扱管理者になるのは意味があると判断したのかと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。





ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい

フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 https://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ https://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


パリでも茶懐石!!

今 パリでも茶懐石をいただくことができると先日 パリ在住のかたに聞きました。
CHAKAISEKI AKIYOSHI さん  https://chakaiseki-akiyoshi.fr/

そんな話を代表のご友人で現在 南フランスの エクサンプロヴァンスに住んでいる人に代表が話したところ、 実は南フランスで 茶懐石を習い始めたところなんだと・・・
やっぱり フランスでは ブームになっているんですね。 日本人よりずっとずっと日本文化に敏感なフランス人。
なっとくです。

というので 代表は それならば フランスへ戻る前に 小諸の茶懐石のできる、花岡亭にとお連れしたのだそうです。

20230904_1_花岡亭

ご友人は もう花岡亭の入口に立った途端 すごい の連発です。

20230904_2_花岡亭 階段

階段をあがり 茶室へ。

20230904_3_花岡亭 茶室 小1

亭主曰く、「茶懐石は道具だけそろえても本当の茶懐石とはいえない、庭の空間 茶室の空間 それにお道具 お茶があって 茶懐石が完成するのだ」 と。ごもっとも 

20230904_4_花岡亭 茶室 大

20230904_5_花岡亭 庭


パリのCHAKAISEKI AKIYOSHI はパリっ子に 茶懐石のお料理を食べさせることで少しでも茶懐石のことを紹介したいと思ってのことでしょう。
パリの左岸のおしゃれな地区に 庭や茶室の本物の空間はとても作れません。
CHAKAISEKI AKIYOSHI でお料理を堪能したパリっ子が 本物の空間を味わいに日本に 小諸に 来てくれるといいな~~
と代表とご友人はお話しされたそうです。





ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい

フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 https://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ https://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


夏が終わった?フランス

20230807_2.jpg

さて今年はヨーロッパはどこも熱波で日本と同じように暑さで大変と聞いていたのですが、フランスは例外のようです。
7月の半ばあたりからあまりお天気がぱっとせず、、、8月になっても最高気温20度程度
あ~~~ うらやましい  とはいえ 夏がこんなに寒い(笑)のは悲惨です。
それでなくても 太陽を待ちわびているフランス人にとっては。
代表ももうだいぶまえになるだろうか、、、雨のおおい8月のパリに滞在していたことがあり、その悲惨さは体験済み。
やはり、、、夏はそれなりに暑くないとですね!

20230807_1.jpg

20230807_3.jpg

8月初旬のフォンテーヌブローの写真ですがなんだか 冬のようです。
現在代表の友人がパリに娘さんと行ってますが
なんともお気の毒です。(こちらからするとうらやましいですが)
モンサンミシェルではすごい冷たい風が吹きあれ どうやら風邪をひいたよう。。。

熱中症に気をつけないといけない日本と風邪ひかないように気をつけないといけないフランス
なんだか やはり地球は壊れ始めているのではと思います。

まだまだ日本は暑い夏が続きそうです。
お身体ご自愛ください。





ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい

フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 https://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ https://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


アルマダ祭 Armada

20230704_1.jpg

いつも代表が楽しみに聞いている Paris Promenade のYouTube で紹介されてました
アルマダ祭が ルーアンで開催されたことを知りました。
ご存知でしたか? 4年に1度行われているお祭りです。

20230704_2.jpg

パリ サンラザール駅からルーアンへ。
https://news.yahoo.co.jp/byline/suzukiharue/20230620-00354501
パリのジャーナリスト 鈴木春恵氏のレポートです。もちろんユーチューブも彼女のもの・・・
ご興味があれば是非ご覧ください。

20230704_3.jpg

20230704_4.jpg

代表は2027年のアルマダ祭に行きたいと話してました。





ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい

フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 https://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ https://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


フランス人の食への執着!


先日、代表のフランスから友人たちが半月間、日本の旅を楽しんで帰国されたそうです。
ミルジョワが観光サポートしている小諸の町に3日間 そのあと京都(お決まりコース) そして東京に約1週間。
代表と3人のフランス人たちの珍道中はFacebookとインスタグラムで紹介しているそうです。是非ご覧ください。

さてさて そのフランス人3人 約15日間いて なんと和食 和菓子しか食べなかったとのこと。
日本にまで来て どうして洋食たべなきゃいけない 日本の食はレベルが高い 
毎日和食!和食!って 言ってたそうです。 
確かに日本の食のレベルは世界の中でもトップでしょう。和菓子もしかり。 
フランスまで行って 和食食べている人って 結構いますけどね(笑)

その中でも 彼らがとても興味を示していたのは 日本の駄菓子だったそうです。
駄菓子のレベルの高さ。 1個500円も600円もする和菓子(生菓子)とは別物で(もちろん 生菓子も素晴らしい!) こんな安価で十分美味しいお菓子と絶賛だったようです!

ここで彼らが絶賛していたお菓子を2つご紹介 
すべてアップできないのが残念ですが・・・
不二家さんの チョコまみれ
20230604_1.jpg

カントリーマアムよりずっと美味しい!(代表曰く(笑))
その不二家さんで チョコだらけ も出してますが代表の友人たちは チョコまみれ派(代表も)

それから 京都の錦市場で売っていた、喜久屋さんのワサビソフトピーナッツ
20230604_2.jpg

それから 駄菓子ではありませんが 買い占めていたのが 山椒パウダーと
山椒ミル(これは実が入っていてより山椒を感じます)
実は昨年 山椒が京都は不作で、結構ゲットするのに苦労してましたが、
みつけたところでほぼすべて買い占め。(笑)たそうです。

そして代表は山椒の木の枝を切って、持たせました。枝なので根っこはついてないし
まあ 挿し木でつけば儲けもん。難しいだろうけど。。。と
しかし なんと 先日ただの枝を持たせたのですが、、、そこから山椒のかわいい葉が出ていたそうです。 
念じればかなう って感じでしょう。

20230604_3.jpg

フランス人の食へのこだわりを感じるエピソードですね。





ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい

フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 https://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ https://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


京都 嵐山のお出汁のレストラン


先日 フランスから日本旅行に来た代表の友人と代表は京都嵐山のMUKUに行ってきました。

20230504_1.jpg

嵐山といえば お豆腐 でしょうか、、、でも今回は お出汁を京都の文化として大切にしてお料理を提供しているMUKUさんをフランス人に紹介したかったようです。

20230504_3.jpg

20230504_4.jpg 20230504_5.jpg
20230504_6.jpg 20230504_7.jpg
20230504_8.jpg 20230504_9.jpg

渡月橋を渡り、少しあるくと右手にMUKUはあります。
たたずまいはモダンでとてもお出汁のお店とは思えませんが、そこは宿泊もできるようになっていてとてもおしゃれな空間です。
是非 嵐山へいかれたらランチしてみたらいかがでしょうか?

20230504_2.jpg

もちろん フランス人は大喜びだったそうで、、、お出汁文化を堪能していたそうです。
彼らは美味しいものには目がありませんね。





ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい

フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 https://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ https://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


ホーム | 次のページ»